負債を相続するときは?事業継承はどうする?

放棄や限定承認をするときには注意が必要

相続の手続きは、いつまでもだらだら行えません。法律上の期限が決められているので、その期限までに一定の決定をする必要があります。まずは相続の開始を知った日から3カ月経過までに行わないといけない行為を知っておきましょう。これは放棄をするか限定承認をするかです。放棄は、法定相続人の権利の放棄で、個々の法定相続人が単独で行えます。負債が多い時だけでなく、他の法定相続人に権利を優先させたいときなどにも行います。限定承認は、資産と負債があるとき、プラス分のみを相続したいときに行います。法定相続人が個々に行うのではなく、法定相続人全員で行う必要があります。どちらも、行うときには家庭裁判所に申述をしなければいけません。

個人的な資産を引き継ぐときと経営権の引継ぎ

会社を経営したり所有している人が亡くなると、それらの資産は法定相続人に相続されます。個人的な資産なら他人に大きな影響は与えませんが、会社となると会社に所属している人にも影響を与えます。ですから、会社の経営者などは事前に準備が必要です。これは事業継承問題としても知られています。同族会社などは、経営陣が親族で占められているので親族がそのまま経営する可能性が多くなります。負債があるからと相続放棄されれば、会社そのものの存続が危うくなります。会社などでは一定の負債があるのは日常的で、引き継ぐなら負債も含めて行わなければいけません。上場している会社の引継ぎだけでなく、非上場の会社でも株式対策などをしておく必要があります。

相続税の申告は、相続人が亡くなった人から相続や遺贈などによって取得した財産の価格合計金額が基礎控除額を超える場合に必要になります。