拠出金はどうなっている?運営はどこが行っているの?

それぞれの人で拠出できる金額が異なる

年金制度として、国民年金と厚生年金保険があります。国民年金は、第1号被保険者は毎月の保険料が固定で決められています。厚生年金保険は、標準報酬月額によって等級が決まっていて、それによって保険料が異なります。将来的にもらえる金額も払った保険料によって変化します。新しい年金制度として、個人型確定拠出年金があります。国民年金などと異なり、加入するかどうかは本人が自由に決められます。以前は利用できる人が限られていましたが、今は年齢条件が合えばほとんどの人が利用できます。ただ、拠出できる金額は人によって異なります。国民年金の第1号被保険者であれば1箇月に6万8千円拠出できますが、公務員だと1箇月に1万2千円しか拠出できないなどになっています。

自分で老後資金を作るための仕組み

年金には、公的年金と民間企業に積み立てる年金があります。公的年金は、条件に該当する人は必ず加入する必要があり、将来的には一定の給付が約束されています。民間企業に積み立てるときは、自分の判断で加入をします。個人型確定拠出年金は、公的な要素もあれば民間の要素もある制度と言えるでしょう。まず運営は国民年金基金連合会が行っています。国に非常に近い機関が運営しています。ただ、加入は自由です。これは国民年金基金とよく似ています。いざ利用するときは、民間の銀行や証券会社を窓口にして、それらの金融機関が用意する専用の商品に投資をします。この部分では民間の要素が強くなります。支払った拠出金は、全額が所得控除の対象になります。

個人型確定拠出年金は、老後に備えた毎月積み立て型の資産形成制度です。定期預金や投資信託などの商品を自分で選び運用し、掛け金や運用益の非課税、受取り時の有利な税制措置など様々なメリットが特徴です。