小中学生にありがちな不登校の原因はどんなものがあるのか?

よくあるのが人間関係の問題

小中学生の方に多いのが不登校の問題です。不登校になってしまうと、学校へ通うことが出来なくなりますので、普通の人が義務教育で学ぶことを学ばないまま、学校を卒業する事になる事もあります。

そして、そんな不登校の原因にありがちな事としては、人間関係のこじれによるものが多いです。小中学生は、色々と多感な時期ですので、ちょっとした事が心のトラウマになって、不登校になってしまう事があります。

また、人間関係のトラブルとして、最近は「いじめ」の問題も出てきています。いじめをする側は、本当に冗談のつもりや軽いつもりでやっていたとしても、それを受ける本人が重く受け止めて、精神的に病んでしまう事も多いです。ですので、不登校にならないようにする為には、周囲の人間関係に注意する必要があります。

勉強が出来ない、学校がつまらないという理由

また、その他に不登校になってしまう原因としては勉強が出来ないというものや、学校がつまらないという理由もあります。必死に勉強をしていても、思うように成績が向上していかない学生さんも沢山います。自身の努力とは裏腹に、テストの点数が良くならなければ、それで劣等感を感じてしまったり、勉強が嫌になって学校嫌いになってしまう事もあります。学校の勉強は、塾とは違って、分からなくてもどんどん先へ進んで行ってしまいますので、少し不登校になると、更に勉強が分からなくなって不登校になる可能性が出て来ます。ですので、親御さんはかなり注意しなければいけません。

その他、学校がつまらないという理由もありがちです。ただ単に、漠然と面白くない、勉強する理由が分からない等の理由で、不登校になってしまう方もいます。

不登校からの脱却は勇気がいることです。しかし、周りが過剰に反応することで本人は余計に塞ぎ込んでしまいます。本人が自らの意思で学校に行きたいと言うまでは周りは黙って見守ることに努めることが必要です。