なぜペット保険はかかりつけ医から選ぶと良いのか!?

窓口で支払う額はペット保険により異なる

ペット保険はどれも同じと考えがちですが、実際にはまるで違います。保険により保証割合は、50%や70%といったペット保険が一般的ですが、中には90%保証というタイプも存在します。しかし、窓口で一旦全額を支払い後から保険金請求を行なう方式では、気軽に動物病院へ連れて行きにくくなりかねません。大手ペット保険の中には、提携動物病院に限り、保険証を提示することで窓口では自己負担分のみ支払えば良いタイプがあります。70%保証ならば窓口負担額は30%ですから、手軽さを体感出来るでしょう。また、窓口で自己負担分のみ精算すれば良いペット保険ならば、保険金請求は動物病院側で行なってもらえるので安心です。面倒な手間が省けるタイプを選べば、ペット保険が身近な存在となります。

免責事項に注意して個別に選びたい

ペット保険を選ぶ際に注意しなければならないこととして、保険原資が加入者の納める保険料のみと認識しておく必要があります。人間用の健康保険ならば、財源不足時に税金が投入されますが、ペット保険では補填がありません。このため、保証割合を高くして保険料を下げるためには、免責事項として定める範囲を広げることで調整しています。ペットの種類や血統ごとにかかりやすい病気については、免責事項として指定しておけば、保険金が多数払い出されることが無くなるでしょう。限られた保証原資を維持するために、ペット保険の免責事項については慎重に確認しておく必要があります。複数のペット保険を比べた上で加入すれば、いざという時に大いに役立つはずです。

ペット保険はプランやペットの種類などによって料金が異なりますので、まずは見積もりをしてみましょう。ペットの種類や年齢などを入力すると、ネット上でペット保険の見積もりができるサイトもあります。